ナムコ愛溢れるMr.社長

森 一申

「タッチ・ザ・マッピー 復活のニャームコ団」のプログラムとディレクションを担当したコスモマキアー代表。
ナムコ時代に鈴屋代表と同僚。
元々タップで遊ぶアクションゲームにする予定だった「タッチ・ザ・マッピー」をアクションパズルにしたのは彼の提案。

株式会社コスモマキアー
80年代ナムコを支えたドット絵師

小野 Mr.Dotman 浩

「ギャラガ」「ゼビウス」「ディグダグ」「マッピー」「ドラゴンバスター」などファミコン世代であれば誰もが知っているゲームのドット絵を手がけたレジェンドなデザイナー。
「タッチ・ザ・マッピー 復活のニャームコ団」のドット絵を担当してくれました。
文字で笑わせる爆笑暴走族

田村Rとハガキ職人たち

「SPA!」などの人気雑誌のライターであり、かつて有名ハガキ職人の田村R氏。同じようにラジオ番組にネタを書いていた人たちが、それぞれライターとして活躍するようになり、チームを組みました。
文字だけで笑わせて荒らしていく文豪マッドマックス。
出た!最強エンジニア

金子昌史

会社員時代に鈴屋代表が企画した「スタアオーディション」という、芸能界にリアルにデビューできるアーケードゲームのプログラマーとして関わってもらいました。ハードウェア設計もできるマルチなエンジニアで現在一緒に企み中。
ちなみに「スタアオーディション」からは、妻夫木聡さんがデビューしています。

アラーノ
マルチな放送作家

白川幸洋

大学在学中から作詞家の秋元康氏に師事、放送作家としての活動を始めました。
ドキュメンタリーからバラエティまで幅広いジャンルを網羅。
ウェブサイトやタブロイド新聞などで記事も執筆するので、職業は常に自称「ライターとか」。
130万ダウンロードアプリ開発チーム

ハイドロジェンスタジオ

130万ダウンロードを超えた「安眠ひざまくら」シリーズを開発した名古屋のチームです。
鈴屋は企画とプロデュースを行いましたが、あの美麗な少女はハイドロジェンスタジオの協力がなければ生まれませんでした。

ハイドロジェンスタジオ
栃木の剛腕クリエイター

WWS 廣瀬豪

ゲーム開発だけでなく、大学でもゲームの授業を行うやり手クリエイター。ワールドワイドソフトウェア代表。
鈴屋代表の元先輩で職場リーダー。
現在鈴屋とスマートフォン向けゲームを開発中。
打ち合わせは、基本大宮。

WORLD WIDE SOFTWARE
柔軟サウンドクリエイター

岩崎亮

「安眠ひざまくら」シリーズの収録及び立体音響の制作、「サンタメールzuru」のサウンドを制作。
FOXムービープレミアム短編映画祭2015優秀作品賞受賞映画「Proぽーず」テーマ曲、BGM制作。
そんな中で、鈴屋代表の娘が小6の時に夏休みの宿題で書いた詞に曲も付けてもらいました。

Backworkers
私生活も絵もゆるゆるな絵描き

すなぎも

元バンダイナムコエンターテインメントのデザイナー。とにかく生活も絵もゆるい女子。基本仕事しません。
ただ、ゆるさにおいては天才的。ここまでゆるいを突き詰めるのは才能。
「あなたはなぜパズドラにハマったのか?」の挿絵を担当しました。